景観デザイン論 東京西キャンパス5景

3年生対象科目「景観デザイン論」で今年もキャンパスのよい景観さがしを行いました。

今年、学生が選定した「東京西キャンパス5景」を紹介いたします。

キャンパスの夕景

選定理由

 

上野原市は、周囲を山々に囲まれているため、八王子市などに比べると昼夜の温度差が大きい。これは夕焼けが綺麗に見える条件のうちのひとつである。大学が少し山を登った場所にあることから、実験研究棟辺りで西の方角を向いた時にを遮るような高い建物がなく、年に数回美しい夕焼けを見ることができる。夕方の空に山や木がシルエットとして浮かび上がるこのような景観はどこか懐かしいと感じる原風景のひとつであると感じたため選定した。



うまセンターと周辺の風景

選定理由

センターでは、日々学生が飼育・訓練している4頭の馬を飼育しており、月に一度、市民や一般の方を対象に乗馬とふれあえる日を設けています。また、馬たちは学科の実習や「障がい者乗馬実行委員会」などのイベントでも活躍しています。本校には、他の大学ではなかなか見られない、うまセンターの周辺は上野原市ならではの自然豊かな風景が見ることができ、春にはきれいな桜も見られます。天気のいい日には、近所の方や親子が訪れています。


ビオトープ

選定理由

ビオトープは人工的な環境であるがその小さな環境の中には様々な種の生物を観察することが可能でる。ビオトープを繁殖地として利用する昆虫や、その昆虫を餌として現れる両生類及び爬虫類、一時的な休息地を求めて飛んでくる鳥類等がいるからであり、様々な生物の新たな生息地として機能している。人工的に生み出されたものも、多くの生物がすむことで美しい景観の一部となる。看板を木材にして自然に馴染むようにしている点も良い。


本館棟周辺の風景

選定理由

普段私たちが講義や実習で使っているこの場所は、いこいの広場・CAC(コンパニオンアニマルセンター)・食堂そして図書館に繋がっている。いわば、一番アクセスしやすい。また、他学部・多学科の人たちもこの場所を使っているので自然に仲が深まるであろう。

そんな特徴を持つ本館棟に、毎年多くの一年生が入ってくる。それも多種多少な個性を持った一年生だ。アニマルサイエンス学科だけでも今年は170人入ってきた。これからも多くの学部・学科の新一年生をこの場所で迎え入れてほしい。


上野原市街の展望

選定理由

食堂のテラスや大学下の坂に設けられた徒歩専用路から見える風景です。食堂は学生のほとんどが昼食や休憩などで利用しています。テスト期間になると勉強している人がたくさんいます。食堂のテラスにはイスとテーブルがあり、天気が良い日は、上野原市を見渡しながらご飯やおやつを食べることができます。テラスからは、上野原高校、野球場、山、多くの家などが見渡すことができます。近くには上野原高校もあり、大学に入る前に自分たちが高校生だったころを懐かしく思い出すこともあります  またテラスからはトンビのような鳥が数多く飛んでいるのを見ることができます。   


アースデイ東京に参加。白神山地のブースをお手伝い。

学生6名とアースデイに参加。縁あって白神山地藤里町のブースをお手伝いしました。

去年と今年は当日のちょっとしたボランティアでしたが、来年は研究室もしくは他の枠組みでぜひ参画したいなあ・・と画策。

今年度最初のプロジェクト、フレッシャーズキャンプ終了

今年最初のビッグプロジェクト、フレッシャーズキャンプが無事終了!30名近いスタッフが参加し春休み中連日ミーティングや準備作業に取り組みました。

新たなネストトラップを設置

実習に備えて、昨年作っておいた竹筒バチの巣箱を設置しました。

竹筒バチの調査は実習で取り組んできましたが、去年卒研で生物多様性を学ぶ教材としての検討が始まり、今年はその続きで、具体的なプログラムの実践などにも広げていく予定です。

古瀬研第4期生 卒研修了&卒業

長い間投稿を怠っておりましたが、第4期生が卒研を終了し、旅立っていきました。社会でものびのびやってほしいです。時々研究室にも顔をだしてほしいなあ。

 

ゼミ活動で地元小学校の総合学習に協力

ゼミ活動の一環で地元小学校5年生の総合的学習の時間に協力して、学校林の中に展示をしたり、森の中のガイドをしました。少しは自然が好きになってくれたかな? 来年もまたぜひやりたいです。

『アクアマリンふくしま』へ遠征

古瀬研14名と、海辺フォーラム関係で誘われた2年生も含め、総勢18名の帝科大生がアクアマリンふくしまで活動しました。

アクアマリンふくしまでは、小さな子をターゲットにした教育活動をいろいろな活動を行っています。今秋は小西貴士の写真展やスライドショーや、稚魚の展示などに加え、「アクアマリンこどもまつり」が行われました。今回はこれにプログラムを提供してまいりました。http://www.aquamarine.or.jp/news/event/2017/2017kidsfes.html

終日、古瀬研プレゼンツのプログラムを2種類運営した他、他団体のプログラムにも協力しました。

夜は、大水槽(潮目の水槽)の前に寝ぶくろで泊まり、マグロやエイを身近に感じながら楽しい一夜を過ごしました。

4年生が中心に行った食物連鎖のペーパークラフトは卒業研究の一環で、水族館の正規プログラムとして使ってもらえることを目指しています。

「のぞいてみよう」は、残念ながらビオトープツアーは雨のため中止になったものの、夏の顕微鏡ワークショップの成果を活かした展示を展開しました。

ゼミ合宿2017

卒研の中間発表を行うゼミ合宿を、奥多摩の山のふるさと村で実施。まる1日かけて、卒研の現況の発表とディスカッションを行いました。学生10人が参加しました。

真面目に集中したゼミだったのに、写真がこれしかないとは・・。

インタープリターのための顕微鏡ワークショップを開催!

8月29-39日、2日間に渡って、古い顕微鏡をレストアして、観察やインタープリテーション用に使うことを目的とした『インタープリターのための顕微鏡ワークショップ』を実施しました。顕微鏡のスペシャリストの奥修さん、東京海洋大学名誉教授の石丸隆先生等をお招きし、とても充実した内容の2日間でした。レストアした顕微鏡は、今後、インタープリテーション活動で活用していきます。本学からは教員4名、学生4名が参加。

新しいページ「Collaboration」に「KUMAP」を追加しました。

「Collaboration」ページには、いろいろな主体との協働の成果などを掲載したいと思っています。まずは第1段として、上野原と東京奥多摩地域のツキノワグマ観察情報「KUMAP」を書き出してみました! これは、Google Earth Outreach のサポートを得て実験中の自然情報の収集・集積・活用のプロジェクトであるSEEKからのアウトプットです。SEEKは、大学の実習やネイチャーセンターの活動で得られる自然情報を、効率よく収集、集積し、有効利用しようとするプロジェクトです。クマ目撃情報に関しては、ネイチャーセンターに加えて、上野原市役所にも協力いただき、情報を集約しています。

ゼミ活動

自然情報パネル、実験研究棟エレベーターホールで更新中

 ゼミの4年が中心となって、上野原キャンパス周辺の現在の自然情報を紹介したパネルを実験研究棟1階のエレベーターホールに出しています。いまのところ順調に週1,2回のペースで更新中です!

 ネイチャーセンターなどではこのようなリアルタイムな自然情報の提供が必須ですし、例えば学校や社会教育施設、あるいは観光案内所などにもこんなものがあったらいいですね。簡単なようですが、情報の収集、共有、集積、デザイン、更新・・と様々な要素があり、奥が深い活動です。身の回りの自然に目を向けるきっかけになたら嬉しいです。


上野原(東京西)キャンパスの10景 2017版 決定!

「景観デザイン論」で恒例の、『上野原キャンパス(東京西キャンパス)10景』の選定を行いました。

 

今年最も多くの支持を集めたのは、
「キャンパスからの夕景」でした。

以下、推薦者コメント

 

「山の上にあるからこそ独占できる眺めがある… 日が沈めば満点の星空が見られます。

命を創る池

選定理由(‘ω’)

大学のビオトープ池です。ここには季節によって色々な生き物たちがやってきて命を育みます。この写真を撮ったには小さなオタマジャクシや糸トンボなどの姿が見えました。このような

生き物が共生している場所があることは、「いのちを学ぶキャンパス」の帝京科学大学にピッタリであると考え選定しました。また、学生が1から手作りで作った場所というのも選定理由の一つです。


ツツジ咲くキャンパス入口付近

上野原らしさといえば坂道だと思い、様々な場所に坂道がある中で大学前のここは今の時期ちょうど見頃であるツツジが道路に沿って綺麗に咲いていてる。加えて、春は桜並木、秋は紅葉が楽しめ、冬は雪が積もり雪や雪解け水が静かに落ちて植物とはまた違う綺麗さがあり、坂を登ると同時に四季を感じることができる。通っていて気持ちの良い場所。


パワースポット「八幡神社」

テニスコート裏にある「八幡神社」。 八幡神社は八幡の神を祭っていると言われています。 立派な鳥居やご神木のような巨木、帝京科学大学に入学したなら参拝する価値あり!

 

単位が貰えるようにお願いすれば叶えてくれるかも・・


「馬センター」の日常

私達が普通に暮らしている中で、""という動物がここまで身近に感じられることはあまりないと思います。山梨県の山々と馬センターの馬、自然と動物を一番感じることのできる写真だと考えこの景色を選定させて頂きました。
3頭の馬と山というのどかな景色、また、山だけでなく近くに咲く花々などはテラスから撮った写真とはまた違った魅力があります。そして美しい景色だけでなく、楽しめる景色だとも思いました。

危険なS字カーブ

正門へと向かう坂道の途中、大きくS字に曲がる道。バイクや自転車で転ぶ人も多く危険な場所です。気をつけましょう!


上野原キャンパス周辺自然情報のボードを設置、更新中

ゼミ4年の活動として、キャンパス周辺の自然情報の展示を、実験研究棟1階エレベーターホールに設置して更新しています。たった1枚のシンプルな展示なのですが、自然情報をどうやって収集するかに始まり、共有や集積の方法、提供、デザイン、更新・・と様々な要素があります。実際のネイチャーセンターでもうまくやれていない場合も多いと思います。目立つ場所においているのでフィードバックもたくさん頂いており、いまのところ順調です。


ネイチャーセンターの活動や実習で得られた自然情報をもっと活用するために・・

昨年から研究室で取り組んでいるGoogleの地図情報ツール(ODKとFusionTables)を用いた自然情報の入力、集積、可視化のプロジェクト。

まだまだたくさん課題が残っておりますが、紹介動画を作っていただきました。

今年は、これを実習や卒研などでも使っていきます。ネイチャーセンターへも普及したいと・・。

0 コメント

ミノカサゴのペーパークラフト完成

昨年秋にワークショップとりくんだ、ペーパークラフト教材開発の第1段「ミノカサゴかぶと」印刷ができあがりました。アクアマリンのペーパークラフトを参考に、千葉工業大学の田邉先生にご指導いただいて完成!

まずは熊本で海洋教育の活動をする浪崎さんのチームに送り使っていただきます。

 

今後も卒研などでペーパークラフトの教材開発を行って、サイトなどで公開していきたいです。

0 コメント

卒業おめでとうございます。

今年も、卒業式を迎えました。

研究室からは無事10人の卒業生を送り出しました。

楽しく、一生懸命、末永く、活動して欲しいです。

おめでとうございます!

0 コメント

第3回 環境教育・インタープリテーション系研究室合同ゼミ

今年で3回目となる、「環境教育・インタープリテーション系研究室合同ゼミ」

3/6〜7,山梨県清里のキープ自然学校にて 帝京科学大学古瀬研究室の他、都留文科大学(高田ゼミ)、東京農工大学(降旗ゼミ)、麻布大学(小玉ゼミ)から教員5人、学生13人が参加。4年の卒研発表とディスカッションを中心に、3年生、そして大学院生の研究構想まで、幅広く充実した内容でした。

 これ、良いプロジェクトだな〜。(自画自賛)


 研究発表と活発なディスカッション。

キープ自然学校の美味しい食事

・・・


無事、卒研発表修了、卒論も提出完了!

2016年度4年生10人、無事卒研完了です。

古瀬研では3回目の卒業生を送り出すことになりました。

皆がんばりました!

0 コメント

手作りプランクトンネット開発のワークショップを実施

手作りプランクトンネットのプログラム開発!

昔から、よく行われてきた、手作りでプランクトンネットをつくるプログラム。今、Google検索でトップに出てくるのも、数年前に我々のチームで作った教材なのですが、今回、海の環境教育NPO bridgeが進める教材アーカイブのプロジェクトに併せ、ちょっと丁寧につくるバージョンを一から検討し直すことに。そのためのワークショップを開催しました。 ※写真は右田さん撮影。

WSの概要

 参加者は海洋系のジャーナリストの大浦佳代さん、それからプロのインタープリターの右田さんと本間さんは、遠く栃木県から参加。

 丸1日かけて、以下の内容を実施。

 1.身近な素材でつくる手作りプランクトンネットの素材の検討

2.ネットの設計と試作

3.プログラム化(ティーチャーズガイド化)の方針検討

 

※写真右、完成した手作りネットをビオトープ池でテスト。

 

 これらの成果は、海洋教育のプログラムをまとめたサイトに近日公開予定!



実施状況

楽しみながら教材開発!

0 コメント

今週2回目の金川の森遠征。

3年ゼミのプロジェクトとして行っている「公園と連携したプログラムの開発と実践」と、卒研で取り組んでいる展示解説の実施。

寒かったけど、たくさんの人に楽しんでいただきました。
 

「ペーパークラフト」開発ワークショップ

古瀬研と千葉工大田邉ゼミとの合同で、海の生物のペーパークラフトをつくるワークショップを開催。

まず熊本で海洋教育に取り組む浪崎直子さんとSkypeでつなぎ、熊本の生物や子どもたちの様子をうかがいました。

取り組んだのは、シオマネキ、ミノカサゴ、ハンドウイルカなど。

ペーパークラフトは今後完成させ、熊本の子どもたちに送る予定です。

1 コメント

今年のゼミ合宿は山ふるで! 16名参加。

恒例の夏のゼミ合宿

恒例の夏のゼミ合宿は「山のふるさと村」にて実施

卒研中間発表を中心に約10時間の耐久ゼミ・・。BBQなども楽しみました。卒研がググッと進むこと間違い無し!


ドロバチハウス設置

昨年からだいぶデザイン的に向上したドロバチハウス(ビオトープ実習で作成)を、ゼミ3年生が学内ビオトープの一角に設置しました。来年の実習で調べます。あるいは卒研に繋がるかな・・。

1年生と古瀬研3年のBBQ

助言教員ごとの会で、3年生の助けを借りてBBQを行いました。

上野原キャンパス十景! 選定結果の発表

アニマルサイエンス学科年の講義「景観デザイン論」で「帝京科学大学上野原キャンパス十景」の選定に取り組みました。
(上野原キャンパスが誇るよい景観、卒業したらきっと懐かしく思い出す景観)

以下に、選定された十景を紹介します! 

 

トップの写真は、もっとも得票の多かったもの。

1「上野原の街と帝京科学大学」

<選定理由>

実験研究棟の5階から撮影。

上野原の自然の豊かさと、その自然に囲まれた帝京科学大学のキャンパスを高い位置からすべて眺めることが出来る。

 

 

2.「馬センター横の広場のツツジ」

<選定理由>

学校と馬センターの間の道路の両端にはこの季節つつじが咲いています。原付で登下校している学生には特に評判が良く、私たちの班では一番人気が高かったので選びました。ピンクと白のグラデーションがとてもきれいでした。また、ここまでたくさんのつつじが咲いている場所もあまり見たことがないのでこの写真を選びました。(教員補足:原っぱは、正確には大学のキャンパス内ではないが、キャンパスに連続した景観として)


 5.  「ビオトープ池」

<選定理由>

  学生駐車場の片隅にあるビオトープ池はカエルなどたくさんの野生の生き物が暮らす池である。人工物のすぐ隣にあるが池を正面から見ると人工物が強調されていない景色が見られる。「看板なども自然に溶け込むように木材を使い派手な色が見られない。また生き物の住み分けができるよう池の中の環境を場所によって変えている。


8.「いこいの広場、青い空の下、小さな孤島上野原」

<選定理由>

山並みに囲まれた「いこいの広場」。学生の憩いの場になっている。

3.「お昼は外で:学食のテラス

<選定理由>

  上野原キャンパスの中でも景色の良さは五本の指に入るだろう。高台ならではの眺めを楽しみながら、休憩や食事ができる。そして、夏には濃い緑が学生を驚かせる。生徒がよく利用する点や一般の人でも利用しやすい場所であることから選出した。

 


 6.「のんびりとごはんでも:ビオトープの上の広場」

<選定理由>

普段なかなか足を運ばない場所にも花の手入れがいき届いていました。

二人掛けの席なのですが、ゆっくり友達と親睦を深めるにはちょうどよい席ではないかと思い、この写真を選びました。

(教員補足:ビオトープの裏の一角は業者さんが綺麗になガーデンを作ってくれている。BBQに使えるテーブルも。この周辺を取り上げた候補は他にも多数あった)

 


9.「動物たち・・」

<選定理由>

いこいの広場の奥にある動物の墓になっている。上野原キャンパスでは様々な動物を飼っており、身近で生死を感じることができる。学生たちが動物たちを労わっている証拠とも言える場所。

 いのちを学ぶキャンパスとも言われるTEIKAらしい場所とも言え、もっと色んな人に知ってほしいと思いこの場所を選んだ。 

4.温室で植物の研究をする学生

 <選定理由>

 ここはバイオテクノロジー研究センターの隣にある温室です。ここでは植物の研究が行われていて、彼女は絶滅危惧種の植物に接木と呼ばれる技術を用いて植物の保護方法を研究しています。研究に励む学生の日常の風景として選出。

 

(教員補足:学生が活動している様子もまたキャンパスの景観だろう。その意味では犬を散歩する学生の写真なんかも欲しかったか・・)


7. 「本館の横、いこいの広場への誘い」

<選定理由>

本館の赤褐色や木々の緑、花の彩りが美しかったので選びました。

普段は何気なく通っている道ですが、視線を向ければ色とりどりの花たちが植えられています。

 

 

季節を感じることができるので、じっくりとみてみると楽しめそうです。


10.「緑の回廊」

<選定理由>

この写真はドックラン横の道で撮影しました。

地面の草や花はすべて雑草ですが、奥の花壇までの道すべてに敷き詰められていてとてもきれいだと感じました。また多くの昆虫も生息しているようで、昆虫たちの隠れ家にもなっているようでした。

(教員補足:得票は少なかったが、このあたりも含めてビオトープを考えたいと常々おもっており、教員の推薦で選定)

 



思わず楽しくなっちゃう教材を送るプロジェクト

海辺の環境教育フォーラムの有志と古瀬研究室で、熊本の避難所の子どもたちに「開けたら楽しくなっちゃう教材を送ろう」プロジェクトに取り組みました。現在までに、4ヶ所に送付(使ってくれる施設やコーディネイターの方に送付)。水族館やペーパークラフト作家から教材の提供を受けたり、イラストレーターの方が塗り絵をデザインしてくれたり、文具を寄付していただいたり、学生が考えたセットをつくったり・・

発想前夜

ゼミ生だけでなく、1年生も手伝いに参加。

元気箱

完成(送付前)

現地から届いた写真

現地から届いた使ってくれてる写真。


0 コメント

ゼミ合宿in丹波山村